【バイナリーオプション攻略】RSIを利用した逆張りで意識するべきたった2つのポイント!

バイナリーオプションを攻略するには「テクニカル分析」が必要不可欠!

テクニカル分析には様々な方法がありますが、今回はテクニカル分析の中でも特に利用されることが多い「RSI」を利用した攻略方法を紹介!

バイナリーオプションを始めたばかりで、プライスアクションやライントレードにMTF分析等、難しい事が分からない初心者でもRSIならほんの少しのポイントを抑えるだけでトレードの勝率を数%上げることが出来ます。

今回はRSIを利用した逆張りトレードで押さえておきたい2つのポイントをご紹介していきますので参考にして頂ければ幸いです。

はじめに:RSIの基本的な利用方法

RSIとは「Relative Strength Index」の略称です。

日本語で表すと相対力指数(そうたいりょくしすう)と呼ばれます。

RSIは一定期間の価格の振幅を計算する事でそれをグラフ化し、現在の相場が「買われすぎ」なのか「売られすぎ」なのかを視覚的に分かりやすく確認する事が可能となります。

取引の目安として、RSIが30以下になったら売られすぎとみなしHIGHエントリー。

RSIが70以上になったら買われすぎとみなしLOWエントリーを行うのが基本的な利用方法です!

ポイント1:ローソク足が急に大きくなったときは取引しない

RSIは(一定期間の上げ幅の合計)÷(一定期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計)×100で数値が計算されています。

その為、今までの平均値に比べて突然ローソク足が大きくなると、RSIの数値が70以上もしくは30以下の状態でRSIが停滞してしまい機能しなくなります。

 

相場が急変動するとそれに応じてRSIの数値も大きく動きます。

しかし、その状態でセオリー通りにトレードをしてしまうと痛い目を見るので、相場が急変動した時、ローソク足が急に大きくなった時には一旦トレードを見送るよう心がけましょう。

ポイント2:ジグザグした相場で戦う

RSIの適した相場は緩やかなトレンド発生時とレンジ相場です。

これらの相場の特徴はどちらも「売りと買いの力がハッキリと確認できる点」にあります。

上記の画像をご覧いただくと、10分上げて10分下げる。5分上げて5分下げるといった、売り買いのパワーバランスが保たれている様子が確認できますよね?

売り買いのバランスがとれていると、画像の様にハッキリとジグザグした値動きをする相場になります。

RSIはこの様な相場で取引をしていく事がポイントです!

RSI攻略ポイントのおさらい

RSIは視覚的にエントリーポイントが分かりやすく、初心者であっても扱いやすいインジケーターの代表です。

しかし、扱いやすい反面抑えるべきポイントを押さえておかないと痛い目にあってしまう事も多々ありますから今回紹介した2つのポイントを常に意識し利用するよう心がけていきましょう!

抑えるべきポイント

・ローソク足が急に大きくなった時は取引しない。

・ジグザグした相場で取引をする。

この2つのポイントを意識し逆張りトレーダーとしてのレベルアップを果たしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です