【ズレ解消!】ハイローオーストラリアに最適なMT4業者とズレを解消する設定方法

「MT4なんてどれも同じでしょ?」そう考える人も多いかもしれませんが

「MT4のチャートとハイローオーストラリアのチャート画面が大きくズレている」」そんな経験をしたことはありませんか?

実は業者によって、更には通貨ごとによって設定されているスプレッドが異なる為同じ時間帯に同じ通貨を見ていても開設したMT4業者によってチャートの動きが異なります。

 

ですから、バイナリーオプションでの勝率を1%でも高める為には「利用しているバイナリーオプション業者がレートを取得している業者にMT4を合わせる」必要があるんです!

今回はハイローオーストラリアに最適なMT4業者を紹介しますので、チャートのズレを少しでも解消したい方、これからハイローオーストラリアを利用する方は是非ご覧ください。

ハイローオーストラリアが使用しているMT4は?

各バイナリーオプション業者が利用しているレート所得先は公式ホームページ内で確認が可能です。

※業者により公開されていないところもありますが、ハイローオーストラリアは一般公開されています。

まずは公式ページにアクセスし、ハイローオーストラリアがレートを取得している業者の情報を確認しましょう。

ハイローオーストラリアの公式ページを確認すると

約定レートは「FXCM社」

判定レートは「レパレート社」

と表記がされていますね!よってハイローオーストラリアのチャートに少しでも近づけるためには「FXCM社」でのMT4口座開設をするのが最適と言えます。

ただ、FXCM社4のMT4を利用しただけで100%ズレが解消されるわけではありません。

チャートのズレを更に解消する為の設定方法

MT4を変えたのにまだチャートの動きにズレが出る!という方は今使っているMT4の設定や電波環境を確認しましょう。

1.インジケーターの入れすぎに注意

インジケーターは容量を多く必要とするものもある為、あれもこれもと無駄なインジケーターを表示しないようにしましょう。

※インジケーターの数が多くなるほど、通信環境によって動作に大きなズレが生じてきます。

自分の取引に最低限これは必要だ!と言えるインジケーターを厳選して残しましょう。

 

僕はほぼインジケーターを利用していませんが、インジケーターを外してまっさらなチャートを表示すると、新しい発見があるかもしれませんよ!

下の画像は僕が実際に利用しているチャート画面です。

僕の手法では、ラインとサイクル、出来高を利用したテクニカル分析を行います。

インジケーターを入れるよりも視覚的な情報に惑わされることが少なくなるので、より的確な分析が出来ると個人的に考えています。


億トレーダーから学んだ私のバイナリー手法教えます 専業になる為に必要な考え方。裁量を学びたい方はお試しください

2.複数のチャートを開きすぎない

MT4のチャート画面を過剰に開きすぎている。という事もチャートの動きにズレを生じさせる原因となります。

チャートの動きが滑らかであれば、分析の為に多くの通貨を表示させておいても問題はありませんが、それで固まってしまうのであれば、狙っている通貨の関連通貨だけを表示したり工夫をしましょう。

ポイント

慣れないうちは

チャンスが来そうな通貨を予めメモをとっておく。

指標の多い通貨は1日取引しない。

など工夫をして不要な通貨を切り捨てる事も必要です。

3.そもそものインターネット回線が悪い場合も

有線接続ではなく無線接続を利用していたり、使用しているルーターのスペックにより回線速度は大きく変わってきます。

インジケーターを外したり、余計な画面を閉じてもまだチャートがズレたり止まってしまう場合は、パソコン本体に問題があるかインターネット回線の電波が悪い可能性があるので一度確認してみましょう。

最適なMT4で1%でも上の勝率を求めましょう

バイナリ―オプションは「勝率を1%上げる為にはどうすればいいのか?」と考え、どん欲に勝率アップを狙っていけるトレーダーが利益を出す事が出来ます。

ハイローオーストラリアは現在基本ペイアウトが1.88倍。利益を上げるために必要な勝率は約54%です。

もしも今の自分の勝率が53%だったのなら、チャートのズレを無くす努力をするだけで勝率が54%になり利益を出せるようになる可能性があります!

 

これは大きな差ですよね?

チャートのズレがあるから勝てないという訳ではありませんが、利用しているバイナリ―オプション業者の使用しているレートに近い方がメリットはあってもデメリットはありません。

勝率をほんの少しでも上げたい方は、このような細かい点から意識してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です