ハイローオーストラリアで転売した場合の「最大ペイアウト率」を検証した結果

バイナリーオプションの基本は「上がる」か「下がる」かの予測をし、予測が当たればペイアウト分の配当を貰え、予測が外れれば掛け金が没収されるというものです。

しかし、ハイローオーストラリアには「転売」という機能があり、「転売」を利用すれば取引の途中で決済を行う事が出来る為、損失を最小限に抑えることも可能になります。

※こちらの画像では50,000円BETしたものが転売する事で38,677円回収出来ています。負ければ0です。

使いどころを上手に選べば、取引の損失を軽減する事も可能な転売ですが、そのペイアウト率の計算式は公表されていません。

判定時間までの残り時間や、ボラによって計算しているようですが、正確な情報が無いのが現状です。

そこで気になったのが、転売の最大ペイアウト率はどれくらいになるのか?という点。

今回は転売時の最大ペイアウト倍率を調べるべく、通常ペイアウトが1.9倍の23時間取引を利用して検証してみました!

23時間取引の検証結果

上記画像の「ペイアウト倍率」と「転売時ペイアウト」の部分をご覧ください。

転売時のペイアウト倍率が「1.8000倍」と表示されていますね!

23時間取引で検証した結果。この数値よりも転売価格が上がる事はありませんでした。この画像の時点よりもpipsがとれたシーンがあったのですが、その場合でも1.8倍を上回る事は無かったです。

という事で、ペイアウト率1.9倍の23時間取引で転売を利用した場合の最大ペイアウト率は「1.8倍」という結果になりました!

他の取引時間を利用した場合はどうなるのか?

こちらは憶測でしかありませんが、今回の結果を元に簡単な計算を行うと

1.8÷1.9=0.947

つまり、通常のペイアウト率の94.7%の値が転売時の最大ペイアウト率になっています。

この計算で考えると、通常1.88倍の15分取引では1.88×0.947=1.78倍という結果になりますね!

 

転売時の最大ペイアウト率の計算について現状ではこの計算式で問題ないでしょう。

転売機能は上手に使えば、トレーダーにとっての救済措置となりますが、勝てるはずの取引で利用してしまうとペイアウト率をただ下げるだけの結果に終わってしまいます。

ペイアウト率が下がるという事は、勝ち続ける為に必要な勝率が増す。という事です。

大変魅力的な転売システムですが使いどころを間違えると、損失を膨らませる要因にもなりかねますので、タイミングを良く考え利用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です